スタッフブログ

  1. 自分だけの洗面台

    こんにちは!

    今回は4年目の日高が担当させて頂きます。

     

    早くも今年最後の月になりましたね。

    今年一年はどんな年になりましたでしょうか。

     

    近頃はだいぶ寒くなってきましたね。

    忘年会シーズンなので、体調管理も忘れずに気を付けてください。

    私は先日久々に熱を出してしまいました。笑

     

    さて、早速ですが、今回はリフォームに関するご紹介をさせて頂きます。

    洗面台に関して、【叶えたいイメージがある】方におすすめさせて頂きたいです。

     

    最近はどのメーカーの洗面台もお掃除がしやすくて、すっきりしているものが人気です。

    もちろん、色や形も規格のものからお選び頂くことが主流ですね。

    洗面台はお住まいのご自宅により、様々な大きさになっておりますので、メーカー規格のものがスッポリと入らないというケースもよくあります。

    限られた空間の中で、どんな仕上がりにできるのか。

    リフォーム営業担当の腕の見せ所ですね。

    タイトルなし

    タイトルなし2

    タイトルなし3

     

    こちらの洗面台は、お客様と打合せをして、各メーカーの組み合わせで造作しました。

    洗面ボウルと水栓、背面のタイルはお客様指定の商品(サンワカンパニー)、三面鏡はTOTO製、カウンター材はアイカ工業です。

    壁間のサイズは1m3㎝くらいだったので、鏡は1mものを、その他は現場で加工をして、打合せをしながら取付しました。

     

    『海外ドラマに出てきた洗面化粧台と同じものを入れたい! 』というご要望を形にしました。

    余談ですが、素敵な空間に仕上がったので、この後お客様は洗面所入り口のドアを撤去することにしました。笑

    自慢の洗面台が廊下から見えるようにしたかったようです!

     

    こんなリフォームがしたい、イメージしているものの相談がしたい、という方はどうぞお声掛けください!!

    お待ちしております。

     

     

     

     

  2. エコカラットデザイン

    こんにちは!

    今回は、入社4年目の日高が担当させて頂きます。

    湿気が多い季節ということで、リフォームの際には対策として【エコカラット】をオススメすることがありますが、今回は、デザイン重視でエコカラットを施工した事例をご紹介いたします。

    先日、洗面所の工事をさせて頂いたお客様のご自宅の様子ですが、まずはBEFOREから。

    IMG_0115 - コピーIMG_0116 - コピー

    ご自宅の壁の間口が中途半端で、洗面所の両側の隙間が気になっていたので、ご提案の際、一緒に収め方をいくつも考え、悩んだ思い出があります。

    両側の壁は、水はねによるクロスの汚れが目立っていました。

    今回は、お客様から【エコカラットプラス】を使用したいとのご要望を頂いておりましたので、その様にさせて頂きました。

    エコカラットプラスは、簡単に言えばエコカラットよりもお手入れ性能がアップした商品です。

    そして、施工後の写真をご覧ください!!

    IMG_6629IMG_6627IMG_6628

    洗面所がとっても上品な空間に仕上がりました。エコカラットを腰高の高さまで施工し、見切りモール材を取付した上部はクロスは菱形◆柄を選んで頂きました。

    床色も含め、まとまった空間になったと思います。

    ちなみに、洗面台上部の吊戸棚は圧迫感軽減の為、撤去しました。

    悩んだ洗面台の隙間に関しては、両側にサイドパネルを入れ、エコカラットを奥まで差し込む事で埋めました。

    お客様にもとても気に入って頂けました。

    エコカラットは機能性だけではなく、空間のアクセントとしても大活躍します。

    もちろん収まりが不安な場合も、納得のゆくまでご提案させて頂きます!

    是非、ご相談をお気軽にどうぞ!!

     

  3. こだわり

    こんにちは。

    今回は、入社2年目の小柳が担当させていただきます。

    ここ最近、梅雨らしからぬ暑い日がつづいていますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

    熱中症には注意して、しっかりと水分を取るように心掛けてくださいね。

     

    さて、今回はトイレの工事で内装や収納にこだわりをお持ちのお客様の施工事例をご紹介いたします。

    まずは、Beforeをご覧ください。

    IMG_2544

    お客様からは、収納をつけたいとご要望がありました。

    それでは、Afterをご覧ください。

    IMG_2652

    IMG_2653

    奥様は、和のテイストを基調とされていて、床のクッションフロアーには、玉石柄・壁は塗り壁調のクロスを使用して落ち着いた空間に生まれ変わりました。

    収納棚は、背面にトイレットペーパーや掃除用品を入れられるようになっています。

    また、中央には観葉植物や写真を飾れる棚を設けています。

    このように、トイレ空間は少しの工夫で生まれ変わります。お客様のご要望を最大限引き出す為に私たちがお手伝いいたしますので、アクアラボへお声掛けください。

  4. 冒険する空間作り

    こんにちは。

    今回は2年目の澤田が担当させて頂きます。

    入社して1年が経ち、様々な案件を担当させて頂きましたが、 トイレや洗面の工事で伴うことの多いのが内装貼り替え工事です。

    トイレや洗面所の限られた空間だからこそお好きなテイストにして 冒険されるお客様が多くいらっしゃいます。

    今回は担当させて頂いたお客様のトイレの施工例を紹介させて頂きます。

    ①ローラアシュレイ風トイレ

    DSCN4181

    ローラアシュレイ(花柄)がお好きなお客様で、小花や大花のクロスサンプルを用いて、仕様決めを行いました。

    天井にはラベンダー色のクロスを貼り、可愛らしいトイレに仕上がりました。

    ②和風トイレ

    DSCN5583

     背面に深緑の珪藻土風クロスを貼り、床材に焦げ茶のフロアタイルを持ってくることで締まった空間となりました。

    元々クッションフロアの予定でしたが、なかなか気に入るものがなく、フロアタイルをご提案させて頂いたところ、 このお色に即決されていました。

    ③湘南カフェ風トイレ

    DSCN6532

    アクセントとメインの両方に柄のクロスを持ってきて、床は濃い茶色のフローリングで仕上げています。 木目のクロスが海の側のカフェのようで、涼しげのある空間となりました。

    このように同じトイレ空間を作り上げるにも、お客様のお好みのテイストによって異なり、全く同じ組み合わせになることは滅多にありません。

    トイレや洗面所の内装貼り替えをされる際には、是非とも冒険してみてはいかがでしょうか。 私たちがその冒険の手助けをさせて頂きます!

  5. 団地の浴室交換工事

     今回は入社3年目の内田が担当します。

    3月に下旬になり、少しずつ暖かくなり始め、街中でもマスクをしている人をよく見かけるようになりました。

    最近お客様とお話していますと内田さんは花粉大丈夫なの?とよく質問されますが、

    花粉症の恐怖を味わったことのない25歳は、春の訪れを感じつつ今日も全力で営業活動を行っております。

    さて、今回は先日工事を行いました、団地のタイル張りのお風呂をユニットバスに交換した際の工事のご紹介を致します。

    先ずはBEFORE、AFTERになります。

    IMG_9620

     IMG_9966

    タイル張りのお風呂は本当に寒いというお声をよく聞きます。

    その寒さをクリアに出来る商品がユニットバスになります。

    タイル張りのお風呂を壊すのは大変じゃないの?大きな音が出るから心配です。

    というお声をよく聞きます。

    やはり通常のユニットバスの交換よりも、日数もかかり音が出るのは事実です。

    その点を踏まえた上で私達も細心の注意を払い、ご近隣の方へのご挨拶、現場での対応を致しますのでご安心頂ければと思います。

    暖かくなり始めたこの時期が1番リフォーム工事のしやすい時期になります。

    団地のお風呂の交換をご検討のお客様がいらっしゃいましたら、是非アクアラボへお声賭け頂ければと思います。